珍しい京都のキャバクラ

多くの京都キャバクラは夜8時前後からお店の営業がはじまり、翌朝の7時前後にはクローズするのが一般的です。
ところが京都のキャバクラのなかには、朝から営業しているお店もあるんです。

早朝から女の子と楽しくお酒が飲みたい方はもちろん、自営業や夜勤の方、バーやキャバクラのオーナーや従業員、ホストなど夜のお仕事をしている方が気軽に立ち寄れるのが朝キャバの良いところ。

今回は京都で唯一の朝キャバと、数少ないダーツ機設置のお店について紹介します!

京都のオールタイムキャバクラ CLUB LEGORIS(レゴリス)

京都で唯一、朝キャバ・昼キャバ・夜キャバとオールタイムで営業しているキャバクラ「CLUB LEGORIS(レゴリス)」。

朝6時から午前11時までが朝の部、さらに11時から21時までが昼の部、そして21時からは夜の部と24時間オールタイム営業となっているので、好きな時間にいつでも女の子とお酒が楽しめるのが最大の魅力。

夜、女の子とお酒が飲みたいというお客様はもちろん、夜勤明けに女の子とワイワイ遊びたい方にも柔軟に対応できます。
キャストの平均年齢も約20歳前後と若いので、楽しく、賑やかにお酒を楽しみたい方にピッタリ。

さらに店内は白と黒を基調にしたお洒落なモノトーン。
ギラギラした派手な内装が苦手……という方も安心して利用できますよ。

京阪本線の祇園四条駅から徒歩3分、大和大路通り沿いと駅に近くて分かりやすい立地だから、お仕事帰りや京都観光の夜の楽しみとしても最適です。


画像出典元:http://www.legoris.com/

モノトーンのお洒落な店内 CLUB LIEBE(リーベ)

「ここって本当にキャバクラなの?」と思わずビックリしてしまうのが「CLUB LIEBE(リーベ)」。
テーブル席だけでなくカウンター席をそなえ、店内は白と黒のモノトーンがベースの渋いムード。

さらに差し色の赤いソファーが女性らしい艶やかさを演出しています。
カウンター席だけをみると、まるでお洒落なバーで絵になるような、大人の雰囲気です。
幻想的で落ち着いた内装と限定された座席数から、京都・祇園の隠れ家的キャバクラとなっています。

このキャバクラの売りは、お洒落な内装とクオリティの高いキャスト。
キャストの平均年齢は20歳と若く、かわいらしい容姿の女の子が多数在籍。

さらにこのお店はダーツ機が設置されてるので、お気に入りの女の子と対決、なんて遊び方もできちゃいます。
京阪本線・祇園四条駅から徒歩約3分と駅チカなので、常連客も観光客も気軽に利用できます。
落ち着いた店内で癒されたいあなた、必見です。


画像出典元:https://kyabapedia.com/archives/3549