年齢層の高いキャバ嬢と落ち着いて飲みたい人は

一般的なキャバクラではキャストの平均年齢が約20~25歳前後となっており、若い女の子が多数活躍しています。
「やっぱり若い女の子はいいねぇ」と言われるお客様がいる一方、もう少し高い年齢層の女性とお酒を飲みたい、年上の女性に甘えたいというお客様も増えています。

いわゆる美魔女ブームにより40~50代の女性の美しさや魅力が認識されていることや男性客のニーズの多様化により、キャバクラのバリエーションも増加中。
姉キャバや熟キャバと呼ばれる年齢層の高いキャストが接客をするキャバクラも登場しています。

今回は、若すぎる子が苦手な人におすすめの、キャスト年齢高めのキャバクラを2店舗ご紹介します。
年上キャストに思いきり甘えたい方、同年代の女性とお酒が飲みたい中高年の方もきっと満足できますよ。

京都でも数少ない姉キャバ・Ane DUO(アネデュオ)

姉キャバは20代後半から30代後半前後の女性がキャストとして働いているお店です。
京都の姉キャバ、「Ane DUO(アネデュオ) 」の店内は白と黒のソファーが設置されており、モノトーン調で落ち着いた雰囲気。
とくにこちらのお店にはきれいな花がたくさん飾られていますし、印象的なシャンデリアと相まって品格と華があります。

キャストの年齢はほかのキャバクラと比べて高めですが、年齢層の高い男性なら安心して利用できるメリットも。
「若い子とは話題が合わない」「年上女性に甘えたい」方にも最適です。
仕事や家庭の問題で疲れた貴方におすすめです。


画像出典元:https://www.pokepara.jp/kyoto/m325/a383/shop4105/

熟女好きなら見逃せない・美酒乱(ミシュラン)

熟女(40~50代)と呼ばれる年代のキャストと一緒にお酒が飲みたい方は、「美酒乱(ミシュラン)」を選ぶと失敗がありません。
お店の名前もGBの樽美酒のようで個性的。すぐに店名を覚えることができます。

色物キャバクラのように見えますが、実は5年以上の運営実績をもつ中堅キャバクラ。
改装リニューアルで料金がやや高くなりましたが、その分店内は美しく、豪華に生まれ変わりました。
熟女……と言ってもメインになるキャストの年齢は30~40代が主流。
50代のキャストはほとんどいないのが特徴です。

キャストは変に飾り立てていないので、雰囲気としては「隣のお宅の美人奥様が接待してくれる」ようなノリと考えていいかもしれませんね。
カラオケ対応・和テイストの個室も完備。

年齢高めのキャストがお相手してくれるので、普段会社や家庭で言えない愚痴や不安、不満を笑顔で優しく受けとめてくれます。
熟キャバには究極の癒しがあるんですね。


画像出典元:http://www.gion-mishuran.com/